四季に彩られた庄内平野と井上農場

井上農場の春

月山の清らかな雪解け水が、庄内平野を潤す春

庄内平野の東に位置する月山(写真左)と、北に位置する鳥海山(写真右)の雪が消え、山肌が見え始めると、庄内にもようやく遅い春がやってきます。
井上農場では5月中旬から約2週間かけて田植えを行い、月山水系の清冽な水と肥沃な大地の恵みを受けながら稲は成長していきます。

井上農場の夏

真っ赤に実った井上トマトが、元気を運ぶ夏

井上大家族の子どもたちが、農場で育ったもぎたての野菜をかじりながら元気に走り回る夏。
稲は庄内平野を渡る清々しい風に吹かれてグングン育ち、ハウスでは「井上トマト」も最盛期を迎えます。有機質肥料とハチミツなどを与え、栽培歴30年以上をかけて追求してきたトマトのおいしさは、井上農場独自のものです。

井上農場の秋

黄金色に輝く稲穂、一年の実りに感謝する秋

田んぼの色が緑から薄い黄緑色、そして黄金色に変わると、庄内平野の恵みをたっぷり受けた井上農場の稲が、ようやく収穫を迎えます。
収穫したお米はより良い状態を保つため、自然に近い環境で乾燥した後、保冷庫で管理します。
お客様からご注文をいただいた際は、精米したてのおいしいお米をお届けしております。

井上農場の冬

みずみずしくて甘い、井上農場自慢の小松菜の冬

雪に覆われ春を待つ間、井上農場のハウスは小松菜の栽培で大忙しです。
年間を通して栽培していますが、旬を迎えた冬の小松菜は特に甘みがあってシャキシャキ。
冬を乗り切る元気を与えてくれます。交流施設の中では、日々、お客様に喜ばれる農作物や商品についてミーティングを重ねています。