稲穂

自然と家族に感謝して、おいしい一粒のために頑張っています。

黄金色に輝く庄内平野。無事に収穫を迎えた時、一番に思うのは、自然への感謝と、支えてくれた家族 のこと。そして、全国にお届けする大切な「井上農場の家族」。井上農場にとってお客様は「家族」と同じです。だから、おいしいのはもちろん、身体にも自然 にも優しくありたいと願ってきました。40年以上かけてきた米作りへの想いは、一粒一粒が井上農場の誇りです。

1.すべて特別栽培米です。

特別栽培米とは、化学合成農薬および化学肥料の窒素成分を、慣行レベルの5割以上削減して生産したお米のことをいいます。井上農場のお米は、この基準よりもさらに削減し、化学合成農薬と除草剤は7割減以上、さらに化学肥料は一切使用せずに栽培しております。

2.良質な有機質肥料で土作り。

化学肥料には依存せず、発酵鶏糞と焼酎粕を主体とした有機質肥料のみで土壌作りを行っています。
発酵鶏糞は、実際に現地に行って安全性を確認した鹿児島県の養鶏業者のものを使用。通常、鶏を育て る時には病気にかからないように抗生物質を投与しますが、鶏糞にも抗生物質が含まれてしまいます。井上農場が厳選して使用している発酵鶏糞は、抗生物質ほ ぼゼロで育てた鶏のものなので安全です。
さらに殺菌能力の高い焼酎粕を混ぜることで虫がつきにくくなり、稲の生育に良い環境をつくり出しています。

3.自然由来の活力剤で元気なお米に。

化学合成農薬などの殺菌剤・殺虫剤を使用しない代わりに、自然由来の独自の活力剤を5種類も散布し、虫がつきにくく、病気になりにくい、健康で丈夫なお米になるよう工夫しています。
例えば、生育旺盛なジャンボワカメ(海藻)を煮出して作った海藻エキスに糖蜜は光合成を活発にします。殺虫効果があるといわれる椿の実を搾った椿油は、虫を寄せ付けず、病気になりにくくします。他にも、数種類の活力剤を与えるなど、試行錯誤をくり返しながら、安全でおいしいお米作りへ向けて、日々取り組んでいます。

活力剤

自然由来の素材でつくった活力剤だから、防護服やマスクなしで散布。 

4.一粒一粒が大きく、しっかり。

収量を多くするために植え付け本数を多くすると、稲の生育環境が悪くなります。環境が悪いと虫がつきやすく、病気にもなりやすくなります。化学合成農薬を減らすためにも環境はとても大切で、井上農場では苗と苗の間隔を十分にあけ、植え付け本数を少なくして風通しを良くし、根元まで太陽が十分に当たるような環境をつくっています。健やかにのびのび育つから、一粒一粒が大きくしっかりとしたお米になります。

5.100%井上農場産、精米したてをお届けします。

こだわって育てたお米だからこそ、他の生産者のお米と混じることなく、100%井上農場産の安全でおいしいお米をお届けしたいと思っています。そのために建てた自家用ライスセンターでは品種や収穫した日時、水分含有量や出来上がりの水分量まで徹底して管理しながら収穫した生籾を乾燥します。そして乾燥後は保冷庫へ。
こだわりのお米を本当においしく召し上がっていただくために、精米したての新鮮なお米をお届け致します。

ライスセンター

井上農場ライスセンター 

 

数々のコンテストで賞をいただきました。

米・食味鑑定士協会が主催する新米の食味鑑定の全日本コンクール「全国 米・食味分析鑑定コンクール」(出展数約300個)の他、「お米日本一コンテスト」など、数々のコンテストで受賞しました。
特に米は、全国 米・食味分析鑑定コンクールでの受賞(全国3位・特別賞2回)の他、多数の受賞をいただいております。
賞 楯